私が24歳でIT関係の仕事をしていた時のことでした。

当時私には大学時代から付き合っていた彼女がいて特に不満もなく充実した日々を送っていました。そんなある日私は部署異動になり本社から取引先の現場に常駐することになりました。

その異動先では私よりも一つ下の入社二年目の女性が私の部下として配属されていました。その女性はまだ仕事もあまりできず少し悩んでいるみたいだったので、上司の私としては仕事をやりやすくするためにも悩みを聞き自信をつけさせることにしました。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク

仕事に悩む、部下に・・・

そして空いている日にちを聞いて飲みに誘うと快く来てくれて、その席で女性の悩みを聞き自分なりに的確にアドバイスをしました。すると女性の悩みも晴れて仕事を一緒に頑張っていこうと前向きな気持ちになってくれました。

そのまま二人で協力して仕事をする日々が続き、いつしか二人には上司と部下という感情を超えたものが芽生え始めていました。そんな時大きなプロジェクトが終わったことを記念して二人でのみに行くことにしました。

スポンサーリンク

まさかの返答!

翌日が休みということもあり二人はついついお酒を飲みすぎてしまい、気がつくと終電がなくなっていました。私は女性にどうするか聞いてみるととにかく寝たいということだったのでとりあえず店を出てカラオケに行こうと思いました。

私が当時付き合っていた彼女には仕事先の男性の同僚とカラオケに行くから帰りが朝になることを伝えました。しかしカラオケは一杯で入ることが出来ずにいた時

女性が「ホテルでもいいですよ」と衝撃の一言を発しました。
私もお酒を飲んでいたということもありホテルへ行くことにしました。

ホテルの部屋に着くと女性は何故かにシャワーを浴びる準備を始めていました。女性がシャワーを浴びているときに私は浮気をする決心を決め彼女がシャワーから出ると半ば強引にベッドで添い寝しました。

すると彼女も最初はびっくりした様子でしたが「先輩とならいいですよ」と受け入れてくれました。そのまま二人で朝まで過ごし始発で二人は帰りました。

翌朝、彼女の反応は?

付き合っていた彼女には後ろめたさはありましたが言わなければバレないだろうと思っていたので安心はしていました。

次の仕事の日、女性に会うと何事もなかったかのように普段通りに接してきました。この前はごめんと伝えると笑顔になるだけで何も言いませんでした。

そのまま何もなかったかのように時が過ぎ私は再び異動になりその女性とも会うことはなくなってしまいました。浮気をしたことは付き合っていた彼女にもバレませんでしたがどこか後ろめたい気持ちを彼女に持ち続けています。

「ところであなたのご主人(奥さん)は、本当に大丈夫ですか?最近、妙に残業・外出・接待と何かと言い訳をつけて家に帰ってくるのが遅いことってありませんか?もし、頭の片隅から離れないモヤモヤがあるなら、浮気調査のプロである探偵に一度相談してみるのがおすすめです」

業界最安値の探偵会社・浮気調査【HAL探偵社】


[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク
capyblo.net
おすすめの記事