不倫
葬ってしまった過去の話です。
今からおよそ20年前、24歳の頃です。やってしまいました、不倫。若くして結婚した私は当時海外に住んでいました。大恋愛の末の結婚でしたが、結婚後夫の飲みグセが悪いことに気が付いたのです。毎晩外で飲み歩いて帰宅するとやけに機嫌が悪く、コワいんです。ケンカになっては、いやなムードでご飯を食べ、泣きながら眠りにつくことも何度もありました。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク

始まりはチョコレート

そんなことが続いて2年、私はしばらく日本の実家へ行こうと決まました。父は喜んで航空券を買ってくれ、シンガポール経由で帰国することになりました。1本目の飛行機で居合わせた日本人の男性が、お土産買いすぎちゃったからあげる、ときれいな箱に入ったチョコレートをくれました。驚きましたが、お礼を言ってチョコをいただきました。

シンガポールに到着し、長い待ち時間の終盤、おなかがすいてきたので腹ごしらえにレストランで食事をしていた時のことです。気が付くと、さっき飛行機でチョコをくれた男性が、私の前に座っているではありませんか。自分がどんな仕事をしていて、どうしてこれから日本に行くとか、いろいろ話しかけてきました。

最初はうっとうしいと思いましたが、話も意外と面白く、会話上手だったので、楽しいひと時を過ごしてしまいました。聞くところによると彼は53歳、私より20近くも年上です。貿易の会社を経営しているので、海外へ行くことが多いそう。

食後、姪っ子にお土産を買いたいけど、若い女の子がどんなものが好きか分からないから、一緒に選んでほしいというのです。革製で、金の留め金が付いた、上品な紺色の財布に決定。なんだか、二つ買ってます。支払いを済ませたこの彼は、二つ小さな袋を下げて私の方へ戻ってきて、「ひとつあげる」とさっきのお財布を差し出すのです。知らない人にこんなものはもらえないと言いましたが、もう買っちゃったから使って。と軽く言われました。

その後搭乗時間も近づいてきたので、トイレに行くと消えた彼が再びゲート近くにいた私のところに現れました。今度は。これはあなただけに、と小さな箱を開けて指輪を差し出してきたのです。右手の中指用だよ。私のこういう人になって欲しい。と言うではありませんか。えっ。とても驚きましたが、男の人にやさしくされたり、チヤホヤされたことない、若い私は指輪を受け取ってしまったのです。結婚してる、って言わなくてよかった、なんてことまで頭をよぎりました。

これがすべての始まりです。この時点で私は、数時間前に知り合ったばかりの男性に恋をしてしまっていました。しかも、夫に悪いという気持ちゼロで。

成田に到着した後は、携帯の番号を取り交わして別れました。もちろん素敵なキスをくれて。実家に帰った私は、ヒマ人です。家事は母親がしてくれるし、両親の車も使い放題。なんだか、飲んべえの夫との苦しい生活がウソのよう、しっかり娘に戻ってしまいました。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク

やってしまった!

飛行機で会った男性から電話があったのは、翌日の朝で、もうすぐにでも会いたい、と言葉と裏腹に穏やかな口調で言うのです。

彼も東京近郊に住んでいたので、待ち合わせは真ん中をとって23区内。オシャレなカジュアルで現れた彼に速攻ホテルに連れていかれました。都心の以下にも高そうなホテルです。ここで私の中で何かが狂ってしまいました。いつも機嫌の悪い夫とは違って、やさしくて、楽しくて。何度も何度も、耳がとろけてしまいそうな言葉もかけてくれました。

おなかがすけばルームサービスをとって、お酒を少し飲んで、またベッドへ。
こんな日が週に2回はありました。親には、ぬけぬけと学生時代の友達のうちに行ってくると、言ってありました。私どうしちゃったんだろう、好きになっちゃったのかな、とも思う一方、既婚という自分の立場も気になりました。このまま離婚とかはまずいな、夫の元に帰る日が来たら知らん顔して消えればいい。本当に悪い女です。

夫にも不倫相手にも全く思いやりのない私でした。3か月の帰国の間、彼と会うのはほとんどホテルでしたが、楽しかったなー。会うたびに高価な洋服や、ジュエリーもくれたし。

日本を発つ日が近づいて、最後のデートとなってしまった日も、それまでと同じように会って、またねと別れました。数日後知らん顔をして、成田から飛び立ちました。彼とは、勝手にそれっきりにしていました。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

謎の男からあの指輪を返せ!

夫の元へ戻った私は、両親からのお土産を渡し、何事もなかったようにいつもの日々を送りました。誰に対する罪悪感もなく。

しかし、見つかっちゃったのです。ある日、ベルが鳴り、家のドアを開けると、小柄な日本人男性がたっていて、「指輪を返せ。」と言うんです!しかも夫がいる時に。何事だ、と出てきた夫に、その見知らぬ男は「ある人があなたの妻に送った指輪を取りに来た」と説明していました。

指輪って、あの指輪しかないよな、としまっておいたシンガポールの指輪を差し出すと、ひったくるように私の手から持ち去り、外に止めていた車で去っていきました。何のことかまだ分かっていない夫と、汗だくの私。夫に浮気がばれたのと、コワいヤツと知り合っちゃったんだという恐怖が重なってもうパニック状態でした。

もちろんこの後は、夫に問いただされ、私はすぐ事実を認め謝りました。なぜがすんなり許してくれ、その後の夫婦仲は良くなったのです。夫も自分の態度を反省してくれたのかな、なんて都合よく考えている私です。
この夫とは、その8年後に離婚しましたが、あの不倫ではなく、他に不倫があったわけではなく、全く別の理由で別れています。

感想・ご意見・アドバイスなど、
コメント欄に書いて頂けると嬉しいです(‘ω’)

そおっとRTしてくたら喜びます。
フォローも嬉しいです↓

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。

また遊びに来てくださいね☆


[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク
capyblo.net
おすすめの記事