バイト正社員 不倫当時20歳頃、男性への見る目がなく
何度も何度も遊ばれては
捨てられを繰り返していました。

でも、
寂しい気持ちがおおきくて
すぐに男の人と出会い、
愛されてると感じたいがために
添い寝をしていました。

そんな時、付き合うってなんだろう。
付き合っても別れがあるなら、
始めから

『 付き合えない相手』

を選べば
別れはないのだと気づきました。

そこで不倫が都合がいいと思いました。
絶対に自分のものにはならない相手。
なんの期待もしなくてもいい相手。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク

ターゲットは彼!ちょっと誘惑してみたら・・・

当時アルバイトをしていた
居酒屋の調理師さん30代前半。
子どもは2人。

顔はそこそこタイプで
薬指にはもちろん光るものはありました。

私は、わざとボディータッチを増やしました。
ボディータッチをしながら
まんざらではない態度を見抜いた瞬間、

「こんなことしたら奥さんに怒られますね」
と冗談ぽくさぐりをいれると

「いや、嫁とは冷めきってるから」

という返答が来た瞬間
スイッチが入りました。

それから、
仕事が終わるのも
家の方向も同じだったため、
一緒に帰りました。
それを毎回繰り返すようになりました。

あるとき仲のいい4人(不倫相手も含め)で
カラオケに行きました。

私がその人を狙っているのを
他の2人は知っていたので知人2人は帰り、
私と不倫相手の2人きりにしてくれたのです。

酔った勢いでもたれかかり、
首にキスをしながら

「好きすです」

と告白をしました。

すると相手も

「俺奥さんいるよ」

といいながらもキスに応じてきました。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク

これで不倫生活のスタート、でも・・

職場にバレないようにアイコンタクトをしたり、
手を触ったりハラハラしながらも
そのスリルがたまらなかったです。

帰りには夜の公園へ行って
ベンチでキスや口でやってあげたり。
公衆トイレでも、時には閉店した職場でも。

そんなある日の事、
いつもの待ち合わせ場所にいない彼。

携帯で私「どこにいるの?」

彼「先に帰った」

私「え?どうして?」

彼「やっぱり俺達この関係やめよう」

私「そーゆーこと電話でいうの?」

彼「そうだよね。ごめん。〇〇にいるから」

そこへ私は大急ぎでいきました。
何のための不倫だったのかということを忘れ、
泣きじゃくる私。

彼も「ごめんな」
といっていました。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

私の不倫はTHE END

それから、彼から連絡が度々来るようになり、
「話がしたい」などと言ってきたので、
行ってみると酔っ払っていた彼は
路上で大胆にキスをしてきました。

アルバイト先の人にも
2人でいるのを見られ疑われました。
もう不倫のルール違反です。

彼が「会いたい」と言ってきても
それから、会うことはありませんでした。

後に彼には第3子が産まれたと
噂で聞き奥さんとうまくやっているようで
ほっとしています。

結局不倫をしても
なにも得るものはなかったです。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク
capyblo.net
おすすめの記事