浮気症,彼氏
私が25歳の時に
結婚を前提にお付き合いをしている
28歳の彼がいました。

彼は見た目は色白だけど男前で、
周りからも人気があるイケメンでした。

ただ、彼の難点は

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク

「みんなに好かれたい」こと。

特に女性からは絶対に嫌われたくない、
みんなから好かれたい

といういわば八方美人タイプでした。

そんなタイプの人とお付き合いしたのも
私は初めてだったので、
出かけた先で彼の車がかっこいいと

キャーキャー

言って寄ってくる女性に対しても
私が横にいても
ニヤニヤしながらおしゃべりしてて、

会社でも女の子に
チヤホヤされて舞い上がってて、
何度も呆れることがあったのですが

私は”彼女”だから

最後は戻ってくると信じていました。

結婚を決める少し前から同棲を始めて、
お互いの両親にそろそろあいさつに行こうかという
話も出ていたころ、

私は結婚を機に
仕事を辞めるつもりでいたので
最後に会社の人たちとの飲み会を
連日楽しんでいました。

ある日、
地方から来ていた同僚と
飲んでいる時に彼から電話があり、

「風邪をひいて熱があるみたいだから
(私が)一度家に帰って
車で会社まで迎えに来てほしい」

と言われました。

もちろん、
すでにお酒を飲んでいたので断りました。

すると

「じゃぁ徒歩でいいから
会社の近くまで迎えにきて」

と言われ
会社の人と飲んでいるから無理、
タクシーで帰ってとお願いすると

キレられて

「お前はしんどいと言ってる俺より
会社の人との飲み会の方が大事か!」

と怒られてしまいました。

でも会社を辞めると
その人とも会うことがなくなってしまうので、
私は会社の人との飲み会を優先し、
彼にはタクシーで帰ってもらうことにしました。

家に帰って彼の様子をうかがうと、
熱は少しあるものの微熱程度で、
普通の風邪のようでした。

一応その日は看病をしてから寝ました。

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク

それから数日して・・・

その日のことがきっかけで
彼に別れ話を持ち掛けられ、

たったあれだけのことで?

と、
不思議に思ったのですが
私も若かったのでしょう、

親に挨拶にも行っていないし、
それぐらいの事で別れ話をされるようなら
将来結婚してからが不安だと思って
そのまま別れることを承諾しました。

同棲していたので、
すぐに私は家を出る準備を始め、
彼が出勤している時に黙って
家を出るつもりでいました。

そしたら彼が
その雰囲気を察知したかのように、
引っ越し当日に

「出ていくの?
やっぱりやり直そう」

と言われたのですが
私の心はもう彼になかったので
キッパリ断りました。

そしてその日、
彼が仕事に行ってから
最後の荷物を片付けていた時に
玄関のドアがガチャガチャ音がして、

しばらく経ってから
様子を見に外に出てみると

ドアノブに袋に入った

栄養ドリンク

風邪薬

手紙がかかっていました。

何かと思ってみてみたら、

彼宛に
「風邪はもう治りましたか?
また必要ならいつでも来るから言ってね!」

という女性の手紙が。

そうです、
彼は浮気をしていたのです。

自分は私たち二人の家に他の女性をあげて
看病してもらっていたのに、

病人を放って飲み会に行ったと
私を悪者にできたものだな

と、急に腹が立ってきました。

その後、
何度かよりを戻したいと
彼から連絡がありましたが、
全てキッパリ断りました。

彼は八方美人なのではなく
浮気性だったようです。

誰にでも好かれたいという人は
要注意ですよ!

[ad#co-1]
[ad#ad-2] 

スポンサーリンク
capyblo.net
おすすめの記事